So-net無料ブログ作成
検索選択

福島第一原発 吉田昌郎元所長死亡説の真相とは? [ニュース]

闇の支配者たち 「陰謀」「謀略」の数々で全人類を家畜化する… ナックルズBOOKS / 書籍 〔単行本〕


『きのう夕方、東京電力・福島第一原発の吉田昌郎(56)所長が死亡したという観測がでている。

東京大学医学部付属病院(16日、東京都文京区)

東京大学医学部の某医師によると、16日から容態が悪化、昨日死亡を確認していると証言した。
今日現在、東京電力及び東大医学部は、発表を行っていない。原発関係者による報道規制が原因のようだが、昨夜から一部ネットでも死亡の「憶測」が出始めている。

昨年11月29日、吉田所長の大量吐血を受け同病院に入院、被曝への不安が広がっていた。
日本では除染や被曝等の「国家機密系の医療」は陸軍中野学校系の東大病院、聖路加病院、都立広尾病院に限られる。オウム事件の搬送先であったり、政治家や外交官が外遊先で「毒がもられていなかったか検査入院」するために使われている。
敦賀のヒバクシャも東大病院で隔離していた。』

死亡説の真相を見る ⇒ ranking reading

真相

3月14日放送の関西テレビ『アンカー』で、青山繁晴さんが吉田所長のことを泣きそうになりながら熱く語っていらっしゃいました。
原発事故で最も男気を見せた方であるだけに、万が一のことがあれば何らかの報道があるでしょう。
もし発表されないとしたら、何らかの圧力があったとみなしたいと思います。

ネタ元&引用 :

nice!(0) 

nice! 0

FX会社のデーターを比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。