So-net無料ブログ作成

ディズニーのSF映画『ジョン・カーター』が大コケで「カットスロート・アイランド」を超える多額の損失 [ニュース]

【DVD】カットスロート・アイランド/ジーナ・デイビス ジーナ・デイビス


ウォルト・ディズニー生誕110周年記念の超大作「ジョン・カーター」が、映画史上最も興行赤字の大きい作品になる可能性が出てきた。

真相を見る ⇒ entameranking

真相

米ウォルト・ディズニー<DIS.N>は19日、同作品が約2億ドル(約166億円)の赤字になるとの見通しを示したが、それが現実になれば、ギネスブックに「最も興行赤字の大きい映画」として登録されている1995年の「カットスロート・アイランド」を超える赤字作となる。ウィキペディアによると、「カットスロート・アイランド」の赤字額は1億4700万ドル。

過去の不発作品としては、エディ・マーフィ主演の「プルート・ナッシュ」や、ペネロペ・クルスとマシュー・マコノヒーが出演した「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」、ロバート・ゼメキス監督の「少年マイロの火星冒険記」などがあるが、ウィキペディアの情報を基にすると、いずれも赤字額は1億4000万ドルを超えている。

ただ、ハリウッド映画の赤字額については、不明瞭な部分が多いのも事実。映画情報サイトIMDbの編集長キース・シマントン氏は「ハリウッドはあまり数字をオープンにしないので、これらの作品の本当の予算を知ることはできない」と述べた。

多額損失の真相を見る ⇒ ranking reading

複数の業界筋は、「ジョン・カーター」には制作費と販促費で3億5000万ドル以上がつぎ込まれていると指摘。調査会社ハリウッド・ドット・コムのポール・ダーガラベディアン氏は、同作品が収支を合わせるには、世界興行収入6億ドル以上が必要だとしている。

ネットから削除された禁断動画

 ディズニーは、年内公開予定の『ブレイヴ』や『アベンジャーズ』など多額の予算費を投じた作品で、損失の取り返しを図るつもりのようなのですが...

ネタ元&引用 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120323-00000026-mantan-ent

nice!(0) 

nice! 0

FX会社のデーターを比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。